Fillmore East's Web Store

2020/09/11 02:27

ツール・ド・フランスが新型コロナウイルス感染症の影響で、スタートが遅れたのに合わせ……たわけではないのですが、今年も「RRチャリティ手ぬぐいプロジェクト」がスタートしました。

2011年の東日本大震災をきっかけに、自分たちができる支援はないかと始まったチャリティも、今年で10回目になりました。まだまだ東日本大震災で被災した子どもたちへの支援も必要な状況ですが、一方で、全国的に災害が多発するようになり、東北限定として続けていいものかどうか、この数年は迷いもありました。そんななか起きた突然の新型コロナウイルス感染症の流行です。私たちの生活も新年の頃とは、まるで様変わりしてしまいました。

「RRチャリティ手ぬぐいプロジェクト」は、当初から「あしなが育英会」に寄付をしてきました。東日本大震災で被害を受け、進学がままならなくなった子どもたちを支援したり、「東北レインボーハウス」という施設で心のケアに力を入れていたからです。ところが、「あしなが育英会」も街頭での募金活動が難しくなり、支援金の確保に苦労していることが分かりました。ニュースにもなったので、ご存じの方もいるかと思います。

そこで、10年目の節目の年でもあり、今年からは寄付先を東日本大震災に限定せず、「あしなが育英会」に寄付することにしました。
さまざまな事情で進学したくても難しい子どもたちの力に少しでもなれればと思っています。

今年も例年と同じく、染めの最低ロット100枚が目標です。デザインしてくださったのは、テキスタイルデザイナーのおくたまきさん。
今年も元気が出てくる真っ赤なデザインを考えてくださいました。モチーフは東北の玩具や花、鳥などの組み合わせです。
地色を赤にしたのは、新型コロナウイルス感染症がまだまだ予断を許さない状況でもあり、厄除けの意味も込めました。

お申し込みの詳細は、商品ページに記載しています。毎年、ご注文されている方にはすっかりおなじみですが、このプロジェクトは、予約のみの限定販売になります。発送は10月下旬の予定です。また、2019年版2018年版も在庫がありますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

お申し込みの締切は 9月25日(金)を予定しています。

今年もご協力をどうぞよろしくお願いいたします。